素人でも楽しめる山登り日記

九州の山を制覇する為、日々頑張っている男の日記。

九州,山登り,素人

黒金山〜三市町境界山〜牛頸山 下山・ランチ編3−3

2014年04月19日

牛頸山山頂を13時16分出発し牛頸林道に下りて行く。
P1150586.jpg
急な下りと長い階段が待ってます。
P1150590.jpg
下りはイイけれど上りはキツイよね〜。
見るからに辛そう!128段はね。
P1150594.jpg
そして牛頸の名所”たわら石”に到着。13時31分P1150596.jpg
確かに大きい事は分かるけど・・・・・
P1150600.jpg
キャンプ場まで3.4kmの看板有り。13時39分
P1150605.jpg
1つ目の近道に入る13時56分
P1150608.jpg
2つ目の近道に入る14時07分
再び林道に出て14時19分キャンプ場前のゲートに到着。
P1150611.jpg
水辺公園に14時36分到着そしてお待ちかね3時間遅れのランチタイム。

4時間20分で1周して来ました。(若干の休憩含む)
15859歩 歩きました。
9.515km 歩きました。

石割山から観音山縦走 上り編  3−1

2014年04月12日

tizu kannonnyama.jpg
新幹線車両基地を横目に那珂川町の観音山・石割山の”登山”に来ました。
天気がイマイチですが頑張って歩いて来ます。
P1150494.jpg
大徳寺の正面から入ってお賽銭を入れて登山の無事を願い上り始めます。
15時15分2度目になりますが何となく不気味???です。
それと今回は逆方向で縦走します。
石割山〜観音山のルート。
P1150498.jpg
では分岐を上って行くのですが結構な急坂に落ち葉で滑ります。
トラロープもあって急を語ってます。
15時23分巨岩に到着しぐるりと岩の下を回って岩の裏側に回って
P1150500.jpg
尾根道?ぽいっ道を通って石割山へむかいます。
石割山までの道中はそれなりにアップダウンがあります。
P1150501.jpg
そして石割山に到着。
15時29分
P1150508.jpg

石割山から観音山縦走 縦走編  3−2

2014年04月12日

石割山で久しぶりの展望を楽しんで今から観音山を目指します。
P1150511.jpg
石割山を出てすぐに巨岩の横を通って尾根道を進みます。
ここで写真は撮ってないけれど白水大池の方に進んでみました。
アップダウンよりもダウンが多くここに戻って来るのは少しキツかった!
P1150519.jpg
ダンプカーで砂?土砂?を採取してる所?に出ました。
大した所ではないのでダッシュで分岐に戻ります。
15時49分分岐着
途中赤札の”大徳寺”を目印に観音山を目指す。
P1150521.jpg
スズメバチに会いました〜。
大きいです。もうそんな時期・季節なんですね〜。
歩いて歩いて観音山に到着。15時54分展望を確認して
大徳寺へ下りて行きます。

石割山から観音山縦走 下り編  3−3

2014年04月12日

大徳寺へ下りて行きます。
P1150524.jpg
この山は大きな岩があちらこちらありますね。
下りる途中にもありました。
P1150526.jpg
そして分岐に到着16時00分
ここではじめて”登山者”に遭遇しました。
P1150528.jpg
でっ私は大徳寺に到着。16時01分

脊振山〜蛤岳 蛤岳行く 4−1

2014年04月10日

hamaguri tizu.jpg
6時41分脊振駐車場をスタート!蛤岳にむかいます。
長いコンクリートの階段を”たにし仏”まで下りて行く。
6時45分分岐着。蛤岳まで4.1kmある遠い〜な〜。
P1150329.jpg
時間も早く寒い様な丁度いい様な感じ。
すぐに自衛隊の下を木製の道を進んで行く。
P1150333.jpg
丁度上を見れば自衛隊の施設が見える。
No187を通過。6時55分
P1150337.jpg
まだまだ木製の道が続く。
木の道が終わったら今度は急な階段が続く。
P1150342.jpg
下りて行くと丸い蛇腹チューブを股ごして先を急ぎます。
No189に到着。7時23分
P1150350.jpg
蛤岳まで2.4kmだって〜まだまだあるね〜!
21の標識に到着。これは何の標識なんでしょうか?
涼しい中を歩いて林道に出て来ました。7時40分着ここは寸断されてるんですね〜登山道が・・・・・。
P1150355.jpg
間違う事は無いのですが・・・
そしてNo1907時43分着
古賀ノ尾分岐7時49分着
P1150356.jpg
No1927時55分着
大井谷分岐8時05分到着
P1150363.jpg
蛤岳まであと12分!!!がんばれ〜!!
P1150367.jpg




タグ:脊振山 蛤岳
posted by yaatu at 17:30 | Comment(0) | 背振山・九千部山系周辺
このページのTopへ