素人でも楽しめる山登り日記

九州の山を制覇する為、日々頑張っている男の日記。

九州,山登り,素人

長者原から三俣山に登りました。 長者原〜避難小屋編 3−1

2014年10月28日

mimatayama.jpg
急遽、釈迦岳から三俣山に行き先変更!
午前3時過ぎに長者原に到着。
P1180374.jpg
平日にもかかわらず車が多い。紅葉も終盤だからか??
私も夜空を見ながら明るくなるまで仮眠とする。
6時に起きると周りで登山の準備をする人が多くなり私も準備を始める。
6:49 久住登山口に到着するがメチャクチャ寒い!冷えてます。
P1180381.jpg
橋を渡ってアスファルトをひたすら歩く。
正面に硫黄山・左に三俣山が見える。
6:55すがもり越え・坊がつるの分岐に到着。
P1180391.jpg
まだまだ続くアスファルト路・・・・・・
途中、温泉水なのか飲料水なのか右手に水が大量に出ている”パイプ”があった。
7:08 D−1と書かれたゲートに到着。
途中に車が停めてたからココまでは車で来ても良いって事かな。
当然、迷惑にはならないことが前提ですが。
P1180398.jpg
すがもり越えの標がある。
通りすぎて硫黄川に到着たぶんココが硫黄川なのか?7:17
7:24今度は登山道(黒土路)に入って行く。
黒土で足下は滑りやすくなってる。
途中、振り返る長者原が見える。
P1180410.jpg
登山道を進むと笹が道に覆い被さってます。笹が濡れてるしまた、濡れてしまいそうな感じ。
所々冷え込みのお陰で道路がカチカチ状態。白く凍結してます。
7:45三俣山の横からお日様が出て来ました。まぶしい〜〜!
7:55再度アスファルト路に出て来ました。
すがもり越えももうすぐ!
歩いてると目の前に硫黄山が間近に見えて来たし硫黄臭がしてきた。
P1180417.jpg
そしてすがもり越えに到着8:07
何人かの人が、すがもり越えを登ってます。
がんばって行きましょう。大小の石を踏みながら頂上を目指す。
P1180422.jpg
ロープを張った頂上?を過ぎると避難小屋値到着。8:23
しばらく小屋で休憩します。
posted by yaatu at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 久住周辺

長者原から三俣山に登りました。 南峰〜本峰〜西峰編 3−2

2014年10月28日

休憩もしたし、それでは三俣山に登りましょう。
8:45スタート!
P1180428.jpg
順調に登れてます。途中後ろへ振り返ると星生山・久住山などなど見えます。
9:06西峰の頂上が見えるが少し歩かないと行けない!
9:08西峰に到着。気温は8℃?そして雲一つ無いこれが晴天!だっ。
ここは全く案内板が無いんです。
とりあえず人の後ろを着いて行く事にします。
P1180437.jpg
これはミヤマキリシマなんでしょうか?当然花は咲いては無いですが
結構、引っかかって痛いです。
枝も折らないように注意して進みます。
そして笹の間を抜け南峰の途中は狭くてリュックを枝に引っかけ
ながらもどうにか南峰に到着。10:04
P1180459.jpg
ここから折り返して本峰に向かいます。
今来た道を戻るんですが・・・・・
ちょっと標識があれば分かるんでしょうけど仕方なく戻ります。
途中の大きな岩の前で写真を。
途中に由布岳・鶴見岳が見えます。
10:23本峰に到着絶景で〜す。
posted by yaatu at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 久住周辺

長者原から三俣山に登りました。 本峰〜長者原編 3−3

2014年10月28日

本峰から長者原に帰ります。10:29もう一度南峰の途中まで帰って北峰に向かいます。
途中に上から坊がつるが見えました。
P1180469.jpg
テントの花が咲いてます。今度は坊がつるに行ってみよう!
ここも木の枝がリュックに引っかかりますね〜。
そして左手に北峰が・・・・10:58少し下って左手には小鍋が・・・・11:06分岐に到着。11:08
P1180485.jpg
ここで間違えて変な方向に下りてしまった。
急坂をひたすら下りて???って思いながらどんどん下りて
おかしいなって思ったら雨ヶ池?に着いてしまった。11:45
P1180498.jpg
仕方ないので自然歩道へ出ようとするが道がない!
困ったもんです。
仕方なく藪こぎし自然歩道へ出て来ました。
良かったのか悪かったのか・・・・・・
とりあえず休憩しましょう。ご飯を食べます。
12:27それでは出発します。
P1180509.jpg
私はこの木道が続くと思ってたらすぐに終わって普通の登山道が出て来ました。
ず〜っと下りが続きます。
P1180518.jpg
平日なのに下(長者原)からどんどん登山者が登って来ます。
さすが久住ですね。
山頂の紅葉はほとんど終わってるが下は残ってる感じ。
13:21雨ヶ池越え・坊がつる分岐に到着。
13:26たで原到着。はじめてなのでちょっと通ってみます。
13:37橋の上に着きました。
13:47長者原に到着〜!
posted by yaatu at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 久住周辺

背振山目指して〜車谷ルート〜背振山頂〜唐人の舞〜椎原峠〜車谷登山口 車谷登山口〜矢筈峠編 3−1

2014年10月19日

背振地図.jpg
めちゃくちゃ天気が良いです。
だから背振山に登りに来ました。
今日は2人で背振山を目指しキャンプ場でご飯を食べます。
P1180247.jpg
では8:14車谷登山口を出発します。
日が当たらず少し寒さを感じますがまあ〜動き出せば暖まって来るでしょう。
何カ所も沢を越え・倒木を越え頂上を目指します。
P1180250.jpg
ちょっと大きめな沢で休憩。
キレイですよね〜!
途中、矢筈峠の小さな標を見つけ写真を・・・・・
P1180258.jpg
17の標に到着。8:40
林道に出ました。18の標 8:44
P1180261.jpg
林道を少し歩くと右側に登山口が・・・・19の標
ここからも何カ所かの倒木を越える。
沢も越え今度は黄色の矢筈峠の標の写真を撮る。
P1180272.jpg
19−1の標に到着。9:08
そこから20分ほど登って私たちもコーヒータイム!
P1180279.jpg
木の間からの太陽の光がまぶしい!
矢筈峠ももうすぐだし最後の急坂をがんばって登ります。
9:49着きました。急坂!
P1180292.jpg
ロープを掴んで梯子まで登る!
そして矢筈峠に着きました。9:53

背振山目指して〜車谷ルート〜背振山頂〜唐人の舞〜椎原峠〜車谷登山 矢筈峠〜背振山頂編 3−2

2014年10月19日

矢筈峠で写真を撮って今度は背振山頂を目指します。
P1180299.jpg
ここからは気象台の専用道路なのでしばらくはアスファルト路が続く。
184票に到着。10:00ダラダラとアスファルトの登り坂をひたすら進むと背振ドームが見える。
P1180307.jpg
そして佐賀県側から背振山につながる県道に出て来た。10:08
県道を越え山道に入る。
P1180314.jpg
木橋をしばらく歩くと10:12キャンプ場に着きました。
休まず一気に背振山頂にむかいます。
人が多いですし車も多く駐車されてますね〜。
天気も雲一つ無し!最高の天気だと思います。
さて、山頂を目指し進むと10:21
P1180317.jpg
背振山頂に到着しました。
福岡方面もキレイとはいかないがそれでも十分な景色が見る事が出来た。
しばらく背振山頂を楽しんでキャンプ場に戻ってご飯タイム!P1180324.jpg
このページのTopへ