素人でも楽しめる山登り日記

九州の山を制覇する為、日々頑張っている男の日記。

九州,山登り,素人

今度は背振山山頂まで行ってみた。

2014年12月18日

時間に余裕をもって出発。
背振トンネルで料金払うときに”雪が多いから気をつけてね”って
料金所の人に一言いただきました。
P1190152.jpg
やっぱり蛤岳連絡道は最初のループから積雪状態。
いつもの様に行けるとこまで進んで行くと
4分の一くらいでスリップして進まず・・・・・・・
P1190153.jpg
ここでチェーンを装着。
ゆっくり進んで7:25背振山頂到着。
準備して今回は背振山頂に行ってみます。
P1190160.jpg
おっと背振の看板が新しくなってます。”早良区役所?”って書いてます。
気温は-8℃です。の
わりには私は暑い!雪が足首からふくらはぎの上くらいまであって
P1190166.jpg
登って来るのも意外に大変です。
景色も澄んでいてきれいですよ〜
少し休んで帰ることにします。
タグ:背振山

片縄山から油山往復してきました。片縄山登山口〜片縄山・糠塚山編 3−1

2014年12月14日

ちず油山.jpg
今回は車なので鶴田のスーパーの100円パーキングの車を停め
片縄山登山口まで歩きました
浦の原バス停の信号7:09着ここから片縄山登山口に7:18
P1190034.jpg
まだ薄くらいがボチボチと登山道を上って行く。
途中の展望所に到着。7:22もう明るくなってた。
大きな岩・励ましの看板をクリアしアップダウンを繰り返し片縄山山頂を目指す。
もう陽も差し込んで明るくなってしまった。
P1190049.jpg
この時間で2人の下山中の人に遭遇。
早くから上ってる人もいるんだと感心しました。
そして8:01片縄山山頂に着きました。寒いです。
P1190064.jpg
那珂川町も黒い雲がかかって雪が降ってるのがわかる。
止まると寒いから少しだけ休憩して糠塚山にむかいます。
途中の大きな岩8:17で写真を・・・・・ただ、展望は全く無し。
8:36に着いたココの大岩は抜群に展望が良い!
P1190078.jpg
ここまで来ると糠塚山も近いかな?
8:53糠塚山に着きました〜!

片縄山から油山往復してきました。糠塚山〜油山編 3−2

2014年12月14日

糠塚山を8:50に出発。
P1190086.jpg
歩いてると萩の原峠の分岐に到着。9:08これから少し進むと急な下りが続く・・・・
結構キツイですよね。
9:27油山牧場に到着しました。
これからは油山牧場の中を抜けて油山山頂に行きます。
P1190100.jpg
寒いです。時間も早いが遊びに来てる人もまばら・・・・
ここから背振を見ると真っ白!
立花山もキレイに見えます。
時折雪が舞う中レストランまで歩いて少しの休憩。
駐車場を抜け牛舎で牛に挨拶。
9:58登山口に着きました。
P1190112.jpg
さあ〜ココからは上りが続きます。階段はキツイので
少しでも楽なルートを通る。とは、良いながらも
階段が少なくてもキツイです。
10:20階段ルートと合流。油山山頂ももうすぐ・・・
10:34油山山頂に到着。人が多いです。何人居るんでしょうか?

片縄山から油山往復してきました。油山〜片縄山編 3−3

2014年12月14日

雪も舞う油山山頂ですがほとんどの人は片江から来てるみたいです。
P1190121.jpg
私たちは折り返して途中でごはんを食べたんですが出れも来ません。
油山牧場に帰るのはうちらだけみたい。
P1190134.jpg
寒いけど焼いたハムとカップ麺は最高です。
休憩も終わってドンドンと下って行きます。
12:11萩の原峠に到着しました。
P1190138.jpg
後が長いな〜糠塚山まで頑張って・・・・・
12:38糠塚山着。
P1190148.jpg
次は片縄山ですが・・・・・
13:17片縄山着。
もう少しだ〜!
13:51片縄山登山口に戻って来ました。
お疲れ様でした。

雪の背振に遊びに行った〜

2014年12月13日

寒気が下りてくると言う事で背振山に行って来ました。
車にチェーンを積んで22時くらいに到着。
P1190012.jpg
背振トンネルも雪は全く降って無くて
道中もチラホラと雪が舞ってる状態。
降ってないかなって思いながらもドンドンと背振山を目指すと
中腹当たりから何となく雪が多くなってきて
P1190020.jpg
いつの間にか一面真っ白状態。
一度止まってみたら案の定!スリップして登らず・・・・・
チェーンを巻いて用意完了。
さすがチェーンだね。
簡単に登りだしてあっと言う間に背振の駐車場に到着。
途中は圧雪状態。
P1190022.jpg
道路脇で20cmくらい積もってるんでしょうか?
外はメチャクチャ寒い!風もあるし長くはいれないし。
背振山頂に行こうとアイゼンを付けるが寒すぎて撤退。
もう一度装備を整えて挑戦しよう。
タグ:背振山
このページのTopへ