素人でも楽しめる山登り日記

九州の山を制覇する為、日々頑張っている男の日記。

九州,山登り,素人

2015.02.28 背振山に行きました。車谷→矢筈峠→背振山頂 2−1

2015年02月28日

2015.02.28.jpg
7:14車谷登山口に到着。
P1190836.jpg
寒いですよ〜。
さっさと用意して車谷ルートから上って行きます。
7:17車谷ルートをスタート。
P1190849.jpg
いつものように沢を何度も越え倒木を越え上って行きます。
7:45・17番標に到着。
7:49・18番標に到着。ココから左に
P1190851.jpg
林道を通って19番標から上って行く。
この辺から登山道も凍結が多く見られる様になる。
沢の石の上や土の表面に氷が張ってみたり
P1190855.jpg
湧き水がつらら状のなってたりと
滑りやすいがキレイな自然現象?です。
8:10・19−1番標に到着。
このあたりからは石がゴロゴロしていて
P1190872.jpg
滑りやすく上りにくい。
そして矢筈峠目前の急坂に到着。
ココを上ればちょっと休憩。
8:38・4番標に着きました。
P1190878.jpg
ここからはアスファルト路を歩いて背振山頂に向かいます。
8:51・3番標に到着。
P1190883.jpg
県道を越え背振山駐車場へ。
9:01駐車場に着きました。寒いです。
そして一気に背振山山頂へ上って行きます。

2015.02.28 背振山に行きました。背振山頂→矢筈峠→気象台→椎原峠→椎原峠登山口 2−2

2015年02月28日

背振山山頂の小屋で昼食を取り
背振山山頂をあとにします。
P1190895.jpg
ここからもう一度矢筈峠まで戻って気象台まで行きます。
10:13気象台に着きました。
空は快晴ですが景色は相変わらず霞んでます。
P1190899.jpg
反対側の背振山はキレイですね〜。
止まってると寒いから気象台を出発し
唐人の舞に行きます。
10:21矢筈峠まで戻って尾根道に入って行きます。
両サイドの笹がすごいですね〜。
P1190902.jpg
だれかが刈ってくれてる様子???
10:27・6番の標に着きました。
10:39唐人の舞に到着。
やはり霞んでるが空は真っ青です。
P1190913.jpg
6−1番標に着いたけどここも展望が良いですよね〜。
ただし、霞んで無ければですが・・・・
11:02椎原峠に到着。少し休憩しま〜す。
では、出発し11:13・20−3番標(水場)を通過。
P1190919.jpg
沢を乗り越え一気に下って行きます。
11:29伐採された所に出て来ました。
後はメタセコイアの中を抜ければ
P1190923.jpg
椎原峠登山口!そして11:45着きました。
最後の車谷ルートには11:50

福岡粕屋・大野城境・井野山に行って来ました。

2015年02月21日

inoyamatizu.jpg
9:10宇美八幡宮を出て
約800mほど歩いて登山口の
P1190774.jpg
井野公園に着きました。
公衆便所が無くなって簡易トイレになってる。
そして土曜日なので駐車場もいっぱい。
P1190777.jpg
駐車場のすぐ上にあるゲートを入って
アスファルトの道を2kmほど行けば井野山の頂上だ。
ゲートを9:27出発し途中の中間点を9:38通過。
P1190779.jpg
グルグル登って9:49アスファルトの切れ目に着いた。
広場になってる所だ。
P1190786.jpg
ちなみに帰りに赤井手に下りて行く
登山道と他に2カ所登山道があったが
P1190793.jpg
これが乙金に下りて行けるルートなんでしょうか。
そして広場を抜けると長〜い階段が見えて来る。
P1190798.jpg
これを登り切れば井野山山頂に着きます。
頑張って上って9:52到着しました。
P1190805.jpg
案の定、霞んであまりキレイな展望じゃないです。
山頂も3分ほど休憩し赤井手方面へ下りて行きます。
P1190811.jpg
こんなロープ張ってたかな〜?
助かるんだけど・・・・・
P1190815.jpg
鉄塔に到着。
ココからは下りが続いて竹林を抜けて
P1190820.jpg
民家に出れば赤井手に到着。!
後は宇美八幡宮まで歩いて帰ります。

今日は佐賀県側の背振山南登山口から登って一周してきます。2−1 上り編

2015年02月11日

背振南地図.jpg
7:22背振山南登山口に到着。
駐車場も背振山南登山口の前と道をはさんだ正面にもあります。
P1190697.jpg
車も余裕で止める事が出来ます。
準備も終えて背振山南登山口から矢筈峠方面に入って行きます。
この時期だから草もたいしたこと無いけど夏は生い茂って大変そう・・・
P1190702.jpg
1個目の沢に到着。キレイです。
2・3個目と沢を越えテープを目印にドンドンと進んで行きます。
3個目の沢を渡るときに岩場から出ている水が氷柱となってました。寒いんでしょうね。
そして4個目の沢に来たのですが途中からテープが見当たらず
P1190712.jpg
行ったり来たりと10分ほどロスをしました。
8:07 5個目の沢を越える時からは”熊笹”が腰より高い位置に来るので
P1190721.jpg
テープが大事ですね。普通に見たら道が分かりません。
8:11んっ〜?この様な石を積み上げた囲いは三郡山などでも見るあの石垣??かな。
それからは枯れた沢を上り雪道の登山道に出て来た。
8:22矢筈峠に到着丁度1時間ほどで着きました。
ココからはいつものコースなので背振山山頂を目指す。
P1190726.jpg
雪は無いのかと思ってたら途中からは圧雪された雪で滑りそうです。
8:39気象台入り口のゲートに到着。
県道305号線もカチカチ状態ですよ〜。
P1190732.jpg
県道を渡り木道を通り背振山キャンプ場に到着。
東屋がキレイになってます。
駐車場を抜け自衛隊のゲート横を抜け
P1190739.jpg
背振山山頂にむかいます。
帰りのこの段は滑って危ない気がするのでアイゼンを
装着した方が良いかも。
8:56背振山山頂に着きました。

今日は佐賀県側の背振山南登山口から登って一周してきます。2−2 下り編

2015年02月11日

背振山山頂の小屋でごはんを食べます。
小屋の中は暖かい・・・・・
メニューもほとんど変わらず・・・・
P1190744.jpg
ただ、ウインナーはなくて薩摩揚げに変わってます。
ラーメンなど食べて腹一杯になって今度は背振山山頂から
下りて行きますが階段が急だし雪もあるのでアイゼンを装着。
すぐに駐車場に着きました。
9:38そのまま通り抜け階段を蛤岳方面へ下る。
P1190747.jpg
階段をゆっくり下りていけば
9:41たにし仏に着きました。
ここは蛤岳と背振山南登山口の分岐なので
私は右手の背振山南登山口方向へ行きます。
ちなみに今日じゃないでしょうけど蛤岳方面
P1190760.jpg
にも多数の足跡があるから沢山の人が行ってるんでしょうね。
県道305号を渡って下りて行く。
雪も多いし小さな沢はカチカチで滑りそう。
9:53この辺が巨杉地帯かな????
確かに大きな杉が立ち並んでます。
P1190769.jpg
花粉症の私はこの先ココには来れないような・・・・・
どんどん下って大きな沢を越え
最後にカチカチに凍った水たまりを越え
10:14背振山南登山口に帰って来ました。
このページのTopへ